日本法人を設立したいですか?グループ会社の鴻富行政書士法人が各種法人設立を承ります。流れとしては、まずお伺いした会社の設立目的や業務内容に基づき、定款を制作します。このステップで会社名や資本金金額、事業目的、役員人数を決めます。次ぎは行政書士が代理人として公証役場に行って定款の公証をします(合同会社の場合は省略できます)。そして、役員か職員が銀行に行って、口座を開設し(通訳サービスを提供致します)、資本金を当該新設の口座に振り込んで頂きます。最後は提携の司法書士に会社の登記をしてもらい、約一週間後に謄本を取得できます。
グループ会社の鴻富行政書士法人は、外国人の方のビザ手続、帰化申請手続、起業サポートを専門としています。所属している行政書士は、年間数百件のビザ手続を行っていた国内最大級の行政書士法人にてビザ申請のスペシャリストとして活躍していた経歴を持つ代表行政書士をはじめ、全員が実務経験のあるベテランで、これまで担当して来た申請件数は数千件になります。一般的申請から難易度の高い申請、一度不許可になってしまったビザの再申請など、豊富な実績と知識を持つ行政書士法人です。 日本の経営管理ビザや留学ビザ、技術国際業務人文知識ビザを申請したい場合、私たちもお客様の代わりに行政書士と相談することができます。 まず、HF不動産賃貸管理部にご連絡下さい!
TOP